交通事故の示談ではどこの弁護士がいいのか?その理由と対策

示談に弁護士を使う理由。弁護士を使用するには訳がある

示談に弁護士を扱う理由としては大まかにふたつ、細かく分けると三つあります。一つ目は、自動車保険に入っていなかったケースです。この場合は、人身事故のような、被害の大きいケースにあり得ます。また、自損事故以外の大破した関係車両の時にも、弁護士と共同であたる場合があります。

二つ目は、事業者の車両のケースです。この場合、事業者用の自動車保険に入っている・入っていないに関わらず、損害の大きかった方が、訴える事があり得ます。

つまり、事業者車両保険での被害金額より、人身事故や、被害物損事故の金額が釣り合わないと言った場合に、保険業者を通り越して、裁判に持ち込もうとするケースです。

この場合は、車両の金額は自動車保険で賄えるとはしても、対物・対人の保証金額を保険の契約として無制限にしていなかったことが、考えられます。

もう一つの細かな理由は、たとえば、人身事故までにいたらなくても、ペットがひかれてしまったというような、保証外の事柄です。弁護士を使うには、もちろん裁判にまで行くという前提での交渉になります。なので、その上で示談を締結できるには、それだけの訴えるパワーがあるという話です。

示談に弁護士を通さないやり方。できれば民間内で収めるべき

示談に弁護士を通さないやり方と言うのは、実は一般的です。たとえば、謝罪にフルーツを持って行くというような、いわゆる口止め料や、悪い賄賂金という意味ではなく、すみませんという、意味と言葉が通じれば、ほとんどは示談で済みます。

道路交通上の事であれば、それは見知らぬ他人ですので、ほとんど、この友情による示談と言うものは存在していません。ですので、自動車保険がある形になります。

上記の示談となるのは、田舎や地方の狭い箇所での、交渉と言うものです。弁護士に頼むのも失礼。といういわば、なれ合いに近い状態がいい意味でその地域にあれば、口謝罪や、口約束で何なきを得る世界はあります。

これは、都会の人たちにはまず解らない雰囲気と感情でしょう。なので、公衆的な慣例と言う意味でも、活きた世界はあるのです。ぎすぎすした世界では弁護士の後に裁判となりますが、やはり都会の殺伐とした感じがします。

裁判にまでもっていく理由 裁判の類は最後の最後で

交通事故での示談にどこの弁護士がいいかと言う言い方は少々語弊があります。これは、裁判をするために弁護士に頼むのであって、示談であるなら、自身で行う事だからです。これには交渉力とも人柄力とも言われる世界です。なので、示談の為に弁護士を使用するのは、間違った考えと言わざるを得ません。

そして、裁判としてその金額を回収できる意味で、弁護士は通常仕事をしていますので、もし仮に示談で通ったとしても、訴えようとしていた人の取り分は少なくなります。

こうであるのなら、示談交渉は自身で被害者に対しするべきなのです。ただ、交通事故と言う、第三者同士の不利益の状況では、その責任の比率や、交渉のめんどくささと言う問題の為に自動車保険会社はその世界に介入しています。

もし、あらかじめ弁護士を頼もうとするのであれば、保険会社と契約をしたり、その契約プランの変更をするべきです。裁判に持って行こうとやっきになることは、実は裁判では不利の立場となる事もあり得ます。