交通事故の示談は必ず無料相談できる弁護士に依頼するのがいい

交通事故の示談は保険会社だけと交渉することは危険

誰でも何時、交通事故に遇うか分かりません。どんなに注意して歩いていても、突然、飛び出してきた車にはね飛ばされてしまうことがあります。ドライバーの不注意。そして、こちら側にも過失が全くないこともあるかしれません。

しかし、どんなに言っても、歩行者が弱い立場なのです。怪我をしたり骨折したりと、やはり痛みと苦しさは伴うものです。事故に遭ったなら、絶対にしなくてははならないのが、救急車と警察による現場検証です。そうすることによって、自分の怪我を最小限に留めることと、事故の示談交渉に繋がっていくからです。


しかし、一般的にはその後の交渉は、加害者であるドライバーが加入する保険会社との交渉になってきます。そのことから、ドライバーと被害者が直接、話をすることはないのですが、保険会社を完全に信じきってお任せでは、泣き寝入りをしてしまう可能性があります。この時は必ず弁護士の人に相談をすることが大切です。

保険会社任せだと損をしてしまう可能性があることを知る

ドライバーは、通常2種類の保険に加入者しています。自賠責保険と任意保険です。事故に対する被害社への補償は、自賠責保健が優先して摘要されることになるのですが、それを賄いきれない部分を任意保険で対応する流れを取ります。

しかし、任意保険を使うと、加入のが保険等級が下がってしまうことから、できるだけ自賠責保険範囲内で治めようとするのが、保険会社側の思惑なのです。このようなことから、怪我の治療費や入院費用、仕事ができなかった場合に休業補償、そして、示談金が、かなり抑えられてしまう可能性があるのです。

長引く治療費や入院費用が途中で打ち切られたり、本来であれば、それなりの示談金も受け取れるだったのが、 低い金額しか支払われなかったりするケースが少なくないのです。そのようなことから、交通事故の遭ったなら、自分1人で保険会社と交渉するのではなく、交通事故処理のプロである弁護士に相談をすべきなのです。

弁護士に相談をするにしてもまずは無料相談を利用する

これから少しでも自分に有利な補償を導き出すために、弁護士に相談することは、後々の交渉が有利になってきます。しかし、弁護士にいきなり相談をすることも、かなり抵抗があるものです。そのような時は、無料相談を利用してみることです。

交通事故専門の弁護士事務所では、無料の相談を受けてくれる所が数多くあります。したがって、自分の遇った交通事故の内容を詳しく話して、あるべき示談金を補償はできるか動画が見えてきます。

事務所によっては、死亡事故や後遺症が残るひどい事故を専門に扱う所もあるので、まずは電話やメール等で質問を投げ掛けてみることです。また、無料相談を受ける前に予め、どのようなことを尋ねられるかを想定して、事故内容を整理しておくことが必要です。

事故後の後遺症が残り、紹介者になることを想定したり、交渉が難航して裁判になる場合は、どのような手続きや費用がかかって来るのかも含めた生き方も必要でしょう。それでも、最後は納得できる補償を受けることができるのです。