交通事故による示談交渉で受けられる損害賠償金などについて

交通事故によって被害者となってしまった場合に行う示談交渉

不運にも交通事故に遭遇したときには、誰しも慌てて冷静な判断ができなくなると思います。ここでは、交通事故による示談交渉をするときに知っておくと良いことを紹介します。頭の片隅にでも覚えておいて損はないと思います。

○示談交渉について

交通事故によって、被害者側はさまざまな損害を受けます。例えば、車が破損したり、自分自身や同乗者がケガをしたり、持ち物が破損することなどが考えられます。

ケガの損害を受けた場合には、通院の治療費、交通費が、入院した場合にも諸所の費用がかかってきます。もしも、交通事故による損害で後遺症が残ってしまった場合には、後遺症害慰謝料の請求、最悪死亡してしまった場合には死亡慰謝料および葬儀の費用も請求する必要があります。

以上のような、交通事故による損害賠償金を受け取るために、加害者との話し合いをして、損害賠償の金額などを決める必要があります。この話し合いのことを示談交渉といいます。

示談交渉において注意すべきこと、示談交渉を行う適切な時期

○示談交渉において不利にならないための手段

交通事故の示談交渉は、一般的には加害者が加入している保険会社と被害者とで行われます。被害者が任意保険会社に加入している場合は、一般的には被害者の加入している保険会社と加害者の加入している保険会社との間で示談を進めます。

被害者が加入している保険会社が絶対的な見方だという保証はありません。保険会社同士で、妥当な線で示談をまとめてしまうケースも考えられます。示談交渉において被害者が不利にならないために、弁護士に相談する事も手段の一つです。

弁護士であれば、被害者の味方となり、有利な示談交渉を行ってくれます。加害者に請求する損害賠償金を増額できることが可能になるかもしれません。依頼するかどうかの相談を無料で受けている弁護士もいますので、一度相談してみると良いでしょう。

○けがなどの損害を受けた時に、示談交渉を行う時期

交通事故によってケガなどの損害を受けてしまった場合には、ケガが治り、精神的に落ち着いた時に示談交渉を行うことをおすすめします。

理由としては、ケガの治療中に示談交渉が成立してしまった場合、もしケガによる後遺症が示談成立の後に生じた場合、損害金請求ができません。

ケガなどによる損害を受けた場合に示談交渉として請求できる費用

○ケガによる損害を受けた場合に請求できる費用

ケガなどによる示談交渉には以下の費用が請求できます。

・治療費
入院、通院の治療にかかった金額。

・休業損害
事故による損害が原因で働けなくなった分の収入の支払い。

・後遺症害損害
治療したが、後遺症が残ってしまった場合、後遺症害の認定手続きを受け、自身の等級に応じた金額を請求する。

・後遺症害慰謝料
事故によって後遺症が残ってしまった場合には、一生このしょう害を負って生きていかなくてはなりません。

日常生活や、仕事においても被害者の負担は計り知れないものです。このように、事故によって精神的に受けた苦痛などに対する補償金です。

・逸失利益
事故による後遺症が残ってしまった場合、仕事をするうえで不利益があります。

後遺症によって、将来的に収入が今よりも減少する事に対して支払われる補償金です。

まとめ

交通事故に遭遇すれば、誰しもパニックに陥ってしまいます。そのようなときには、冷静で知識のある弁護士に依頼する事を候補の一つとして覚えておくと良いでしょう。

なるべく多くの示談金を受け取るためには、弁護士に示談交渉を依頼することが良いと思います。弁護士に依頼する際は、なるべく早い段階で、交通事故に精通している弁護士に依頼することが大切です。