交通事故の示談金と慰謝料とは、その違い、金額など

そもそも交通事故の示談金と慰謝料の二つは何が違うのか

交通事故が起きた際には、まず加害者と被害者の間で示談交渉の場が基本的に設けられることとなります。そこでは多くの場合加害者の代理を保険会社が行い、被害者と交渉を行って、医療関係費や商品の損害、休業損害、逸失利益などを合計した額を集計、両者がその条件に納得して示談書にサインをすると合意となります。

ここで合意がなされた、いくつかの要素のまとめられた金額が示談金です。慰謝料は、そんな示談金の中に含まれる賠償金の内のいくつかにあたるものです。

交通事故により受けた精神的な苦痛に対する慰謝料というのが一般的に有名ですが、他にも交通事故によって残ることとなってしまった機能障害、神経障害などを対象とする後遺障害慰謝料、交通事故による入院や通院にかかった肉体的、精神的な損害を対象とする入通院慰謝料、被害者が死亡した場合の被害者本人と遺族を対象とした死亡慰謝料などがあります。

一般的に交通事故での示談金はどれぐらい貰えるのか

交通事故における示談金についての相場というのは、実はありません。それだけに、示談の交渉でいかにその額を高くできるかがポイントとなります。

加害者側の保険会社は当然いかに安くできるかの勝負を仕掛けてくるので、それと戦わなければなりません。保険会社の出してくる示談金の見積もりも、低く抑えられたものです。

示談金の額を増やすためには、保険会社からの入院や通院の打ち切りの通告を拒否する、自分で各種慰謝料や逸失利益、休業損害などの示談金の内訳を計算し直しより高い金額の物を提示する、医師に症状固定の診察をしてもらうなどいくつかの方法がありますが、個人で行うのには少々ハードルが高いものが多いです。

額が高額になる事例などでは、示談交渉が得意な弁護士を探し依頼するというのも一つの手となります。着手金や成功報酬はかかりますが、その分得ることのできる示談金も大きく増える可能性が高いです。

一般的に交通事故での慰謝料はどれぐらい貰えるのか

示談金は相場を持ちませんが、慰謝料には相場があります。自動車を持っていた場合に加入しなければならない自動車損害賠償責任保険(以後自賠責保険)での慰謝料相場は入院日数に4200円をかけたもの、任意保険での慰謝料相場はそれぞれの保険会社が過去からの積み重ねの情報によって作った基準に入院期間や通院期間をかけたもの、弁護士基準の慰謝料相場では入院などの日数に加え症状の重い軽いや事故現場の状況なども加味されます。

ここで、自賠責保険での慰謝料が最も安く、弁護士基準の慰謝料が最も高くなります。そんな慰謝料を引き上げる方法というのがいくつかあります。被害者側にも自己の過失があったという加害者側の主張する被害者の過失割合を下げ慰謝料の減額を防ぐ、過去の事例がまとまった書籍からの引用で慰謝料が安いことを指摘する、車の修理費用を被害者側が持ち、代わりに過失割合を加害者が10として慰謝料を増やす、などの方法です。これらについても、個人で行うことが困難な場合には、弁護士の利用なども考えられます。