交通事故の示談までの流れはどのようになるものであるか

交通事故を起こした時に気になる示談はどのようなものか?

これまで車に乗ってきた人の中には交通事故を起こした事がない人が圧倒的に多いと思います。ですが、それが故に気になるのが交通事故を起こした時の示談はどうなるのかというのがあります。

中には自分が交通事故の加害者になった時は自分が積極的に示談に関与していかないといけないと思っている人もいるかと思います。

ですがそういう事は全くなくて実際は任意の自動車保険に入っていれば自分は交通事故を起こしても特に示談で何かしないといけないという事はないです。

もちろん、任意の自動車保険に入っていなければ保険会社がいないので自分が示談交渉をしないといけなくなります。

なので大変な事になりますが任意の自動車保険に入っていればそういう事は基本的にないので全く心配しなくても良いです。

すべて自動車保険会社が示談をやってくれるので自分で何かしないといけないという事は全くないので示談について心配する事はないのが交通事故を起こした時の示談になります。

交通事故の示談はどういう風に行われていくかものか

では、交通事故を起こした時に任意の自動車保険に入っていれば自分が示談交渉をしなくて良いと言ってもその示談の流れがどうなるか気になるというのはあるかと思います。

実際に交通事故の示談というのはどういう流れで行われるかというとまずは交通事故の加害者と被害者の言い分を聞いて交通事故の状況についてお互いの言い分に食い違いがなければそのままの過失割合で示談が双方の保険会社の間で行われる事になります。

ですが、双方の言い分が違った時は過失割合の話し合いが上手くいかない事になり揉める事もあります。そうなった時は円満に示談を行うのは難しいのでそれぞれで弁護士を立てて話す事になって最終的な着地点を模索する事になります。

ただ、その場合でも自分が相手と直接会って激しい応酬をするという事はないので特に心配しなくても良いです。

お互いの言い分が違って過失割合がなかなか決められない時はかなり揉める事になって解決までに時間がかかる事はあります。

交通事故の示談は一般的にどういう風に思われているのか

交通事故を起こした時も実際には任意の自動車保険に加入していればすべて保険会社の方でやってくれるので自分が示談交渉をやる事は全くないです。

ですが、最近は自動車保険も変わってきて従来の代理店型の自動車保保険とは違って交通事故を起こした時に保険会社の人間が事故現場に来てくれない通販型の自動車保険も多くなっています。

それが従来の自動車保険の保険料よりもかなり安い事もあっていざ自分が交通事故を起こした時にその示談交渉を保険会社がやってくれないと思っている人が意外と多いです。

なぜなら、従来の代理店型の自動車保険とは違って明らかに保険料が安いというのがあってまともに示談交渉もしてくれないと思われているからです。

ですが、そんな事は全くなくて保険料が安い通販型の自動車保険であっても交通事故が起きた場合の示談交渉もしっかり保険会社の方でやってくれるので保険料が安いから示談はやってくれないという事は全くないので安心です。